変態セックス願望を大切なパートナーにカミングアウトするべきではない!SM系ツーショットで欲望を満たせ!

MENU

変態セックス願望はSM・変態系ツーショットダイヤルで満たすべき理由!

 

変態セックス願望はSMやマニア向けツーショットでカミングアウトするのが無難

 

普通の女の子には絶対に受け入れてもらえない変態セックスの数々

変態セックスの定義というのは時代によってかなり大きく緩和されているのも事実。

 

数十年前の日本人にとってフェラチオなんてのは変態行為だったと聞きますし、アナルセックスなんてのは最近になってかなりプレイ人口が増えた変態セックスだと思いますね。

 

このように時代背景やセックス文化の発展により変態セックスの定義は多少左右するのですが、流石に強烈な痛みを伴うプレイや不衛生・鬼畜・精神的ダメージを与えるようなハードでコアなプレイに関しては「変態セックス」の定義は不変だと言えるでしょう・・・

 

私は思います。

 

大切な彼女や奥さんに対して、自分自身の願望としてコアでハードな変態セックスをしてみたいという強い願望がある方。

 

このような方は早まるべきではありません

カミングアウトする事は絶対に控えるべき

だと私は強く言いたい!

 

何故なら、私はそれが原因で大切な妻から離婚を叩きつけられた過去があるからです・・・

 

今から5年前、私は妻に対して「イラマチオによるセックス」願望をカミングアウトしたのです。カミングアウトした時点では「イラマチオ」という単語を妻が知らなかった為、全く理解してもらえませんでした。

 

しかし、何日か経つと妻から急に近所の喫茶店に呼び出されました。何かな?と思い言ってみるとそこには妻の両親がスタンバイ(汗)

 

私は何があったのかと直ぐに尋ねましたが、妻の両親から

「この子と直ぐに離婚して下さい」

と三行半を叩き付けられてしまったのです・・・

 

彼女の両親からはこんな言葉を投げかけられました。

「妻は本当に傷ついている。お前は野蛮人だったんだな。」

 

「大切な子供を変態男に取られた私たちの気持ちが分かるのか?」

 

「この鬼畜男!今直ぐ出て行け!」

ここまで言われると、何でこのような場が設けられたのかという理由がハッキリと浮かんで来ました。

 

先日カミングアウトした「イラマチオセックス」が原因かと・・・

 

確かに、妻は元々お嬢様育ちで、私に出会うまで処女を貫く清純の中の清純みたいな女性でした。しかし、私と出会ってからセックスの喜びを知り、付き合ってからは毎日のようにセックスを行っていました。

 

結婚してからは流石に回数は減りましたが、それでも週に必ず3回はセックスしていましたし、お互いに体の相性も抜群だねと言い合うほどだったのです。

 

しかし、たった一言「イラマチオでセックス」がしてみたい。という発言をしてしまったばかりに、彼女から絶縁されるとは・・・

 

大切なパートナーにカミングアウトしてはいけない性癖もある

 

恐らく、彼女はイラマチオという言葉を熱心にインターネットで調べたのでしょう。そして、イラマチオが女性の喉奥に男性器を挿入し、セックスするように激しくピストンするという事を知ったのでしょう。

 

きっと、彼女にとってイラマチオはとてもでは理解に苦しむ性癖であり、変態セックスどころでは済ませれない野蛮な行為だと感じたのでしょう。

 

その結果

私は人格否定までされる結果となった・・・

今から考えれば、腑に落ちない点もありますが、結果を考えれば自業自得以外のなにものでもないと感じています。

 

ですから、私は皆さんに同じ経験をして欲しくはないから、大切なパートナーに対して変態セックスをカミングアウトするのは絶対に止めて欲しいと思っているのです。

 

では、変態セックス願望というのはどう発散すれば良いのか?前置きが非常に長くなってしまいましたが、今回の本題をお届けしたいと思います。

 

単刀直入に言います。あなたの心の中に閉まってる「変態セックス願望」というのは

SM系のツーショットダイヤル番組

を利用すれば、その願望は一気に叶うでしょう!しかも、恐ろしいくらいにアッサリとパートナーが見つかります。

 

現状で日本国内で運営されているSMや変態系のマニア向けツーショットダイヤルというのは、実はかなりの数が運営されています。

 

有名どころですとマックス系列が運営しているエクスタシークラブや名人倶楽部などが代表的ですし、SMワールドやイエローキャットなんてのも有名なマニア向け回線です。

 

このようなSM・変態・マニア系のツーショット番組というのは、その番組を利用する女性年齢層というのがかなり性癖やフェチズム、セックス感に拘りがある女性ばかりなのです。当然、変態セックスに該当するようなセックスを好む女性ばかりです。

 

特殊性癖同市だからこそマッチング率が高いのです

 

当然

変態セックスパートナー探しの場としてのマッチング率は高い

ので、使わない手はないと言った感じです。

 

大切な恋人や奥さんがいる方にとっては、このような場所でパートナーを見つける行為は「浮気や不倫」になってしまうという事実はありますが、私は離婚したり別れるよりは割り切った考え方で付き合える変態セックスパートナーを見つける方が

結果的には幸せな人生なのでは?

と感じてしまうのです。

 

是非とも、私の意見に賛同して頂ける変態セックス願望に悩んでいる男性がいましたら、SMや変態系のツーショットダイヤル利用をオススメ致します。

 


PAGE TOP