ツーショット番組の伝言ダイヤル機能は「出会い」に欠かせない仕組みです!

MENU

出会いに強い「伝言ダイヤル」はツーショット番組で欠かせない機能!

メッセージを様々な形で残すという行為は、ある意味で我々人間達の本能だと言えるのかもしれない。古くは、古墳や遺跡に残された文明の発展などを記録した石版や土器が残されて来た。

 

近年では、携帯電話が全く普及していない時は駅に設置されていた伝言板が重要なメッセージのやり取りの場となっていたし、手紙での文通も一般的なメッセージの交換手段として行われて来た。

 

伝言ダイヤルが出会いに強い理由

 

手紙については現在でも貰うと喜ぶ女性が多い

が、これもまたメッセージを特別な形で残す行為を本能的に感じている表れだと感じる。メッセージの内容自体はメールやLINEで送っても同じだが、手書きというアナログで記された事自体に価値を感じるのだろう。

 

さて、スマートフォンが全盛の時代となった今、紙や何かの形としてメッセージを残す事は、かなりされなくなって来ていると言えるだろう。

 

これだけスマホにメッセージを伝える機能が多種多様に備わると、アナログな道具や素材を使ってまでメッセージを伝えたり残す作業は必要とされなくなるのだろうか?

 

実は、このアナログ的なメッセージの記録や交換がスマホでも行われているコンテンツがある。

 

それは、紛れもなくツーショットダイヤル番組だ

そして、冒頭で述べた「メッセージを残す本能」は、我々ツーショットダイヤルユーザーの男達には追い風となっている部分があり、非常にチャンスとも言える状況となっている。

 

ポイントは、ツーショットダイヤルに備わってい

伝言ダイヤル機能

の存在。

 

最近になり、この伝言ダイヤル機能を小まめに利用する女性が激増しているのだ。つまり、伝言メッセージの投稿数が増加したという事である。

 

そして、私は確信した。

 

メッセージを残すというDNAはスマホ時代なった今も確実に残っていたのだ。単純に場所がツーショットダイヤル番組の中の伝言ダイヤルコーナーに移っただけなのである。

 

そして、伝言ダイヤルと言えばテレクラ店舗が全盛の時代であった1980年代後半から90年代後半辺りから既にテレクラナンパ師達の間で話題となっていた事を忘れてはならない。

 

性に飢えた欲求不満な女達が、男を漁る為に伝言ダイヤルにメッセージを投稿する。そのメッセージには、野獣と化した性欲モンスター達が一斉にメッセージ返信を行いアポという名の出会いを掴み取る為に必死に戦う。

 

伝言ダイヤル機能は昔から出会に強い仕組み

であり出会い目的に非常に強いコンテンツである。

 

そして、今でもメッセージを残すという本能は確実に継承されており、ツーショットダイヤル番組の伝言ダイヤルコーナーに集中しているのだ。

注目 伝言ダイヤルが盛り上がっている番組
ハニーライン

 

マックス

 

ハニートーク

 


PAGE TOP